妊娠中のむくみに有効な対策とは?

妊娠中のむくみは、いかにして起こるのでしょうか?

お腹の中に小さな、そして大切な命が宿る時

女性の体の中では大きな変化が起こります。

大切な命を守り育てるため

お母さんの体へと変化する中で

いつもと違う体調の変化にとまどうことも少なくありません。

妊娠中、中期から後期にかけて起こりやすいのがむくみ。

妊娠する前だって、一日の終わりにはむくんだ脚に

溜息をついていたのに

さらに輪をかけて、むくみに悩まされることになるとは・・・

ぜひ、しっかりと対策を考え、実践して

幸せな妊娠中の生活を楽しみたいものですね!

妊娠中に気になるむくみと対策はある?

むくみは妊娠中は特におこりやすい

妊娠中は、いろいろなことに気を付け始めると思います。

例えば、貧血にならない為には鉄分をとる

赤ちゃんの成長に大切な葉酸も適量とる

もちろん、むくみの原因となる塩分は控える

などなど、常に気を付けていると思います。

しかし、赤ちゃんに血液を通して栄養を送るため

血液量がピーク時には、1,4倍にもなります。

つまり、妊娠中は、体内の水分量がかなり増えるため

常にむくみやすい状態になっているのです。

妊娠中でもできるむくみ対策とは?

お腹の中の赤ちゃんが大きくなるにつれ

お母さんの血管は圧迫されてしまいます。

そのため、軽いむくみは誰でもおこります。

それがひどい場合は、検診の時にお医者さんに

相談してみるのが一番です。

ですが、そうならないためにも、日ごろから無理のない程度で

おうちでも、日々気を付けて対策をしていきましょう。

後期になると、なかなか動くことも大変になってきますが

むくみを解消するには、リンパ、血液の流れを

促進してやらなければいけません。

そのためには筋肉を使うことが大切です。

ですが、妊娠中に筋トレを行う必要はなく

体調が良いときに、お散歩してみたり

座った状態で、足の指をグー、パーと閉じたり開いたりを

一日何度も、思い出したときに行うことも有効です。

妊娠中のむくみと夫婦仲の対策を

そして、マッサージはとても効果的です。

難しいことはしなくても大丈夫ですので

マッサージクリームなどを付け、適度に滑りやすくしてから

下から上へ、血液を心臓へ戻すようにゆっくりと

適度な力でマッサージしてみましょう。

この時、お勧めなのはパートナーにマッサージしてもらうことです。

妊娠中はホルモンのバランスの変化などでも

何かと不安に感じることもありますから

パートナーに、マッサージを行ってもらうことで

むくみと一緒に、ストレスもさよならしてしまいましょう。

妊娠中のむくみと、夫婦の仲良し対策に

ぜひ、お試しくださいね!

マッサージ効果を高める!飲み物って??